スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めた母性?守るべきものは何?「絶対可憐チルドレン129th sence ファントムメナス(5)」

今週も来ましたサンデー23号「絶対可憐チルドレン129th sence ファントムメナス(5)」です。

迷いも晴れ、ゆるぎない決意で反撃を開始する為カガリたち3人の救出に向かう薫。
20080507-09.jpg

薫のテンションを上げる為、苦戦を演出していたパンドラの面々だったが予想以上のパティの力が強く危険な状態になってきていた……
一気に射程外から焼き払おうとしたところに薫が到着。

ここでブーストモードオン!
20080507-10.jpg

パンドラメンバーとの初ブースト!

なんか葵や紫穂たちとのブーストとは羽の形が違います。
以前は天使の羽だったのが悪魔の羽のような形です。
これが何を意味するのか?

20080507-04.jpg
しかし葵や紫穂たちのときと違い力が足りないみたいです。
絶体絶命か?

20080507-02.jpg

「あたしはみんなに大事にされてた…!自分で思ってたより、ずっとずっと……」
「だからこの子達も大事にしたいの!!」

薫の中で何かが変わった……

自分は守られていた、だから守りたい
母性?それとも……

20080507-06.jpg
薫達の「念動(サイキック)強制開放(フォースオブアブソリューション)」によりパティを捕らえていた「黒い幽霊」の呪縛は開放されるが
20080507-05.jpg

以前の任務で受けた怪我を押して無理をした為か薫は意識を失い倒れてしまう。

薫の運命は?どうなる次週!

このエピソードは、複線がかなりありそうな気がします。
薫の考え方や感じ方の変化
パンドラメンバーとのブーストにおける羽の形


そして、これ
20080507-01.jpg

この2人の言葉……
重要な気がします。

「まだまだ子供だ」という皆本の考え
「いつまでも小さな子供じゃない」という薫の考え

この小さな小さなズレが今後にどんな影響を及ぼすのか……

椎名先生も5月2日の完成原稿速報にて
「今回は薫の幼年期にひとつ区切りをつけるエピソードでした」

「26号からの新エピソードは<暫定最終回>になりそうですので(笑)」
と語っている事からも今後物語りは急展開を迎えそうな感じです。

ますます目が離せなくなって来ました。
今後も要チェックです!

おまけ
今週の葵たん
20080507-aoi.jpg
「なり」って……キャラ変わりすぎでしょ(笑


今回はここまで!

tallmanは椎名高志先生と「絶対可憐チルドレン」を応援しています。



絶対可憐チルドレン 12 (12) (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 12 (12) (少年サンデーコミックス)
(2008/03/18)
椎名 高志

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 絶対可憐チルドレン - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。